皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ980円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,780円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

ウイルス性イボはどうやってうつる?治療法や感染を防ぐ方法とは?

いつの間にか手、足裏、顔などにできてしまうイボには、ウイルスが原因となるものがあります。

事前にイボを予防する方法や、できてしまった後の治療法を知っていれば、イボで悩むことも少なくなるかもしれません。

そこでこの記事では、うつるイボの原因となるウイルスとイボの種類について詳しく紹介します。
イボはどうやってうつるのか、感染経路や感染を防ぐ方法、伝染ってしまったときの治療法についてもご紹介します。

イボとサヨナラするために、ぜひこの記事を参考にしてください。

イボの原因となるウイルスとは?

ウイルス性のイボはウイルス性疣贅(ゆうぜい)ともいわれ、その原因となるのは、ヒトパピローマウイルス(HPV)といわれるウイルスです。
これは150種類以上あり、種類によって症状が異なります。

また、ポックルウイルスによる水いぼも、ウイルス性の感染症です。

子供にできやすい尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

よく手や足、顔にできるいぼは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)といわれ、ヒトパピローマウイルス2型・27型・57型の感染により発症します。

このいぼは子供にできやすく、放っておくとどんどん増えてしまいます。
痛みやかゆみはありませんが、気になって患部を触ると周囲に二次感染を起こします。

他人に感染しやすい水いぼ(伝染性軟属腫)

水いぼ(伝染性軟属腫)は、ポックスウイルスに感染することで発症します。
10歳以下の子供は皮膚の防御機能が弱いので、特に感染しやすくなります。

感染力が強く、イボに直接触らなくてもプールやお風呂の水を介して感染するので注意が必要です。

尋常性疣贅と水いぼの見分け方は?

尋常性疣贅と水いぼはどちらも子供がかかりやすいことが共通しています。

尋常性疣贅 水いぼ
見分け方 表面ががさつき、皮膚の盛り上がり(丘疹・きゅうしん)がみられる。 表面がつるつるしていて、みずみずしい光沢のある直径数ミリから5ミリの小さな皮膚の盛り上がりで、芯があり上部が少しへこんでいる。
できやすい部位 手のひらや足裏を含む手足 手足以外の身体

以上の点から、手足にできる表面のがさついた丘疹が尋常性疣贅、身体にできる光沢のある丘疹が水いぼであると判断できます。

若者に多い青年性扁平疣贅

若者に多いのが、青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)です。
これは、ヒトパピローマウイルス3型・10型に感染することで起こります。

平らな褐色のイボで、顔にできることが多いので、ニキビと間違われることがあります。

性病の一種となる尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス6型・11型に感染すると、性感染症の尖圭(せんけい)コンジローマを発症します。
これは、外陰部や肛門の周囲にできます。

ボーエン様丘疹症の場合は子宮癌の原因ウイルスとなることも

尖圭コンジローマと似た外陰部や肛門の周辺にできるイボに、ボーエン様丘疹症があります。
ボーエン様丘疹症はヒトパピローマウイルス(HPV)16型が主な原因となっていることが分かっています。

このHPV16型の感染が子宮癌のうち、子宮頸がんの原因の一つとして起こる可能性がクローズアップされています。

外陰部や指にできる皮膚がんから子宮頸がんと同じ種類のHPVが見つかることが最近になってわかり、子宮頸がんを起こすHPV16型などが外陰部や指にも感染して癌の原因になっているのではないかと考えられています。

このような症状がある場合は放置せず、まずは病院で診察を受けてください。

ウイルス性イボはどのようにうつる?

ウイルス性のイボは、原因となるウイルスに直接触れてウイルスが体内に入り込むことで感染します。
通常、健康な皮膚は免疫機能に守られていますが、この免疫が働かないときにウイルスが増殖して発症してしまいます。
どんな時に感染するのか、注意すべきポイントをご紹介します。

手足に傷口があるとき

皮膚に傷ができていると、そこからウイルスが侵入し住み着いてしまいます。
すり傷やかき傷など、小さな傷からも感染します。

傷のある手で患部に触るとそこから感染してしまうので、傷を絆創膏で保護したり、手袋を使うなどして防御しましょう。
家族の中に感染者がいるときには、タオルを共有することは避けましょう

体調不良で免疫力が弱っているとき

手や足には目に見えない小さな傷があり、そこからウイルスが侵入します。
健康な状態なら免疫機能が働き、侵入したウイルスを撃退することができますが、体が弱っているときには跳ね返すことができません
寝不足やカゼなど、体力が落ちているときには感染しやすいので気をつけましょう。

公衆浴場やプールへ行ったとき

水いぼは感染力が強く、プールやお風呂の水からも感染します。
プールや公衆浴場の湯船に入った後は、シャワーでよく流し、清潔なタオルで拭いておきましょう。
自分が感染した場合は、プールやお風呂に入るのは控えましょう

≫≫うつるイボについての詳細はコチラ!

ウイルス性イボになったときの注意点

もし、ウィルス性のイボになってしまったときには、どうすればいいのでしょうか。
ウィルス性イボに感染してしまったときの注意点などについてまとめました。

なるべくイボをいじらない

ウイルス性のイボは、潰すことでウイルスを広範囲に広げてしまいます
自分でイボを取ろうとしてむやみにいじると、数が増えたりイボが大きくなったりしてしまうので注意が必要です。
イボができたらなるべく患部を触らないようにしましょう。

HPVは感染しても抗体ができない

水いぼは半年~1年で抗体ができ、自然に治る病気です。
しかし、子供はいぼを潰して体中に感染範囲を広げてしまうことが多く、症状が悪化してしまうこともあるため、早めの受診をおすすめします。

一方、ヒトパピローマウイルスは一度感染しても抗体ができないので、繰り返し感染してしまいます。

皮膚科に行って診てもらう

とくに子供や学生など集団生活をしている人は、周囲への感染を防ぐためにも早めに皮膚科に行くことをおすすめします。

イボの治療法にはどんなものがある?

イボの治療には、大きく分けると皮膚科治療のもの自宅でできるものがあります。
イボは難治性のものが多く、イボの治療期間は長くかかることが多いです。
ウイルスを簡単に死滅させるような特効薬はないため、医師とよく相談し、自分の症状に合わせた治療方法を選ぶことが大切です。

もっとも一般的な液体窒素

ウイルス性のいぼ治療には、一般的には液体窒素による凍結治療が用いられます。
凍結治療とは、-196℃という超低温の液体窒素でいぼ本体を急激に冷やすことで、凍傷を起こさせて、ウイルス組織を壊死(えし)させてしまうという方法です。

液体窒素療法ともいわれるこの治療は痛みを伴い、処置後は水ぶくれの状態になります。
やがて水ぶくれがカサブタになり、10日ほどでイボとともに自然に剥がれ落ちるのです。
1回の治療で完治させることは難しいので、治療回数が多くなり、液体窒素治療の治療期間は数か月かかることもあります。

≫≫液体窒素を使ったイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

イボを軟らかくするスピール膏

痛いのが苦手な人や家庭で治療したい人には、スピール膏がおすすめです。
これは、サリチル酸という成分を含む貼り薬で、イボを軟化させて取り去るものです。
手軽な方法ですが、ウイルスを死滅させる効果は弱いので根絶するのは難しく、治療効果は弱いです。

イボを素早く取り除くレーザー

イボ焼灼術は、電気メスや炭酸ガスレーザーでいぼ本体を焼き切る方法です。
局所麻酔をするので、痛みを感じることは少ないのが特徴です。
術後はイボを取った部分がへこんだ状態になりますが、1~2週間で目立たなくなり、2~3か月でほとんどわからなくなります。

液体窒素療法とならび、治療効果は高いいぼ治療の方法です。

≫≫レーザーでのイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

木酢液を塗る

ウィルス性イボの治療法として、木酢液を用いるケースもあります。
家庭でよく試されるいぼ治療法です。

木酢液の濃度を調整し、コットンなどに含ませて患部に当てます。
テープ等で固定し、30分ほどたったら剥がすというものです。
木酢液は殺菌力が高いのであまり長時間当てると痛みが出てしまうので注意しましょう。

もし短い時間でも痛みなどを感じる場合は、液を薄めて調節してください。
一ヵ月程度この治療を行うとイボが剥がれやすくなります。

皮膚の厚い足裏いぼには有効ですが、顔首などの皮膚の薄い部分へのいぼ治療はおすすめできません。

また、皮膚科でのいぼ治療と比べて治療効果はやや劣ります

≫≫木酢液を使ったイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

ヨクイニンなどの飲み薬

ウィルス性イボの治療として、ヨクイニン配合の漢方薬を服用する方法もあります。
ヨクイニン配合の漢方薬は、皮膚科へ行かなくてもドラッグストアなどで気軽に購入できます。

沢山種類がありますが、錠剤タイプよりも顆粒や粉末タイプが効きやすいと言われています。
気軽に手に入る一方で、飲み忘れてしまったり、効果が出るまで時間がかかるというデメリットもあります。

ヨクイニンなどの飲み薬でのいぼ治療は治療期間は長くなり、治療効果もすぐには出ません

≫≫ヨクイニンを使ったイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

イボコロリなどの塗り薬

イボコロリなどのウィルス性イボに効く外用薬は、皮膚科を受診しなくてもドラッグストアで購入することができます。

イボコロリなど、市販の外用薬にはサリチル酸が配合されており、分厚くなってしまった角質層や角化細胞を柔らかくしてイボをとる効果があります。

液体タイプ、絆創膏タイプの外用薬は皮膚への負担が大きく、足裏いぼなど皮膚の分厚い部分にしか使用できないので注意しましょう。

足指も皮膚が薄いので使用はおすすめできません。

足底部以外の皮膚の薄い顔首などの部分に使用するとかぶれや炎症などの副作用が出る可能性が高いので、指定箇所以外に使用するのはやめてください。

≫≫イボコロリを使ったイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

ウイルス性イボを予防する生活習慣

健康な体には免疫機能が備わっています。
日頃から規則正しい生活を送り、適度な睡眠や運動により、免疫力が高まります。
多少のウイルスが侵入してきても、跳ね返せるだけの体力をつけておきましょう。

肌の保湿ケア

肌が乾燥していると、角質層のバリア機能が下がり小さな傷などからウィルスが感染しやすくなってしまいます。

一方で、しっかりと潤いのある皮膚は、外的刺激に強くイボウィルスの侵入経路となってしまう傷もできにくい状態にあります。

保湿ケアをしっかりと行い、角層まで潤いを十分に与え、水分と皮脂のバランスを整えて健康的な肌を保つのが、イボの予防につながります。

皮膚のバリア機能が正常に働いていれば、たとえ傷があってもウィルスの感染は防ぐことができます。

ハト麦、ビタミンなどを積極的に摂る

イボの予防には、ハト麦やビタミン類を積極的に摂取することもおすすめです。
肌のバリア機能を高めるには肌の角質層のターンオーバーを正常にする必要があります。

この肌のターンオーバー機能を助けてくれるのがハト麦やビタミン類です。
身体の内側から肌に働きかけ、角層の水分代謝を促進し、余分な老廃物を排出するサポートをしてくれます。

脂質や糖質の摂り過ぎには要注意!

肌のバリア機能を正常に保つためには、脂質や糖質の摂りすぎには要注意です。
脂質や糖質を摂りすぎると、肌の水分と皮脂のバランスが崩れてしまいます

過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさぎ、角質層で肌のターンオーバーが正常に働かず、バリア機能も低下してしまいます。

肌のバリア機能と免疫力向上のためにも、バランスの取れた食事をとることを心がけましょう。

そのイボ、ウイルス性じゃないかも!

イボの中にも、ウイルス性と老人性の二つの種類があります。

老人性は、ウイルス性に比べて体に悪影響があるものではありません。
古い角質や紫外線など外的刺激の積み重なりが原因でイボができることを老人性イボといいます。
そのうえ、老人性イボは自宅で手軽に治療できます。

老人性イボにオススメなケアアイテムはこちらです。

イボケア商品のおすすめは顔にも使用できる「クリアポロン」

>>クリアポロン公式サイト<<

  • 初回78%OFFの1,800円だからコスパ良くケアできる!
  • ハトムギ&あんずエキスのW効果でイボケア
  • 美肌成分、保湿成分もたっぷり配合で普段のスキンケアにも
  • 利用者満足度93.1%!口コミでも人気の商品♪
  • 老人性イボは主に顔や首周りに多くできます。
    しかし、市販のケアアイテムは刺激が強いため、顔や首への使用が禁止されています。
    クリアポロンは、あんずエキスとWヨクイニンの効果で肌の新陳代謝を高め、イボを改善します。
    そのため、顔や首周りにも使用できますし、敏感肌の方も肌荒れを気にせずに使用できます。

    また、クリアポロンは初回73%オフの1,800円で試すことができます!
    1,800円で試せるのはどの商品よりもお得です♪

    さらに今ならイボの角質を柔らかくするピール石鹸付きです。
    コスパ良く効果的なイボケアをしたいなら絶対にクリアポロンがおすすめです!

    クリアポロンの詳細を確認する

    ↓↓↓老人性イボについてより詳しく知りたい方は下のリンクをクリック↓↓↓

    ウイルス性イボが疑わしいときは早めに皮膚科を受診しましょう

    もし、ウィルス性と疑われるイボができて、家庭の治療法で治らなかった場合は一度皮膚科を受診することを強くお勧めします。

    どの薬や治療法がその人に合ってるかは皮膚科医でもいくつか試さないと判断がつかないものです。

    イボの中には難治性のものや悪性のものもあり、自己流の治療法で治癒が遅れてしまうのは危険です。
    難治性いぼがあったり、痛みがある疑わしい症状のものは早めに皮膚科を受診してみましょう。

    皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

    商品 キャンペーン
    通常6,800円が今だけ1,800円!
    >>詳細はコチラ<<
    通常7,200円が今だけ980円!
    >>詳細はコチラ<<
    通常9,800円が今だけ2,780円!
    >>詳細はコチラ<<
    >>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!