皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ980円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,780円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!

老人性イボの原因と治療法とは?皮膚科や市販薬で除去できる?

老人性イボは、年を取ると誰にでも発症する可能性があります。

「老人性」といわれるとおり発生する原因は肌の老化なので、老人性イボの場合とくに病気の心配をする必要はありません。
しかし、イボが首や顔などにできてしまったら見た目が老けて見えてしまうので気になりますよね。

それだけでなく老人性イボは皮膚ガンと間違えやすいので、見分け方を知って適切に処理することが大事です。

そこでこの記事では、老人性イボができる原因やケア方法、予防方法などについてまとめました。
老人性イボができる前、できた後もしっかり対策できるよう、参考にしてみて下さい。

老人性イボとは

老人性イボは、正式には脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)や老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)といいます。

20代でも発症しますが、80代になるとほぼ100%の人に老人性イボが見られます

老人性イボは良性の腫瘍で、老化現象の一種です。
紫外線を浴びやすい箇所や摩擦がかかりやすい箇所に多く発生します。

例えばメガネのパッドが当たる箇所にできるイボや、タオルで垢すりをするとできるイボも、いわゆる老人性イボなのです。

老人性イボの色や形などの特徴

老人性イボの色は、正常な皮膚の色から褐色、黒褐色等様々な色調があります。

形態も様々で、大きさは1mm~5cmと幅広く、すこし隆起してザラザラした触感です。
また、強い刺激にさらされると痒みを生じることもあります。

老人性イボはとくに顔周り、下着や服が擦れる部分、脚の付け根などに多く発生します。

とくに発生しやすい首は、発生の仕方などによってさらに名称が分けられます。

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)

軟性線維腫は首などに無数に発生する老人性イボです。
細かく分けて2種類があります。

アクロコルドン 平らで1、2㎜くらいの円形で少しふっくらしている茶色いイボ
スキンタッグ アクロコルドンよりも飛び出ており、ゆっくり大きくなる

これらの軟性線維腫がさらに大きくなると、垂れ下がったような形になり懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)、別名ソフトファイブローマとよばれます。

老人性イボができる原因

老人性イボの主な原因は、遺伝や日光に当たることによる皮膚の老化だとされています。

年を取ると肌のターンオーバーが遅くなり、古い角質が蓄積されてシミができやすくなります。
それに、年齢と共に免疫力も低下してくるので、肌に受けたダメージを元に戻しにくくなってきます。

さらに紫外線を浴びることで、老人性色素斑というシミからイボへと移行してイボができやすくなるのです。

とくに、敏感肌で外的刺激に弱い人に老人性イボが現れやすい傾向があります。

屋外で運動する人や仕事で外に出る機会が多い人は、普段から日焼け対策をしていないとシミが気付いた時にはイボになってしまう可能性が大きいので注意しましょう。

老人性イボとウイルス性イボの違いとは?

老人性イボは、老化現象ですから誰にでも起こりうることで身体に害を及ぼすものではありませんし、感染するものでもありません
治療はしてもしなくても問題はありません。

ところが、ウイルス性のイボは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが傷口から入り込んで感染するものです。
ウイルス性のイボも良性のイボなので身体に重大な被害が及ぶことは少ないですが、放っておけば症状が悪化し、それを触ってしまった人が二次感染する可能性もあります。
ウイルス感染性の場合、早めの治療が必要になります。

老人性イボには触ると芯がありませんが、ウイルス性のイボにはありますので、老人性イボとウイルス性イボを見分ける目安にしてください。

皮膚科での老人性イボの治療法

老人性イボは、経過観察をすることで良性か否かが分かります。

他の病気や悪性の腫瘍が疑われる場合は、イボを摘出して総合病院や大学病院などで組織を検査します。

悪性の疑いがない場合は、そのままにしても問題はありません。

しかしウイルス性のイボは、触ると他の部位にイボが感染し発生してしまいますので、そのままにせず取ることをおすすめします。
自分で判断せずに、皮膚科で診てもらうのが一番です。

美容目的で取りたい場合は、いくつか方法を紹介しますので、参考になさって下さい。

イボの種類や状態に適した治療方法を行うことで、跡が残らずに済みます。

冷凍凝固治療

液体窒素による冷凍凝固療法とは、マイナス196°の超低温の液体窒素を綿棒などに染み込ませたもので患部を急激に冷やし、低温火傷させることにより、皮膚表面の異常組織を壊死させて新たな皮膚の再生を促す方法です。

液体窒素による治療は、凍結療法、冷凍凝固療法とも呼ばれています。

冷凍凝固治療のメリット

皮膚科では、保険が適用されるので1回1,500円程度とお得に治療できます。
また、一般的なイボの治療法なので、どこの皮膚科でも治療を受けられます。

冷凍凝固治療のデメリット

液体窒素を押しあてた患部組織は、低温火傷により壊死するため治療後しばらくすると、内出血、水膨れ、傷みが伴うことがあります。
徐々に戻りますので、その間はイボをいじらないようにしましょう。

1回の治療では完治しないため、1~2週間に1回のペースで治療を繰り返します。

また、治療後は9割の方に色素沈着が起こるので注意が必要です。
半年~1年程度でとれることが多いですが、色素沈着を治療する場合は自己負担になります。

レーザー治療

レーザーを照射する部位を消毒し、麻酔をした後レーザーを照射し、消毒するだけで治療は完了します。
レーザー治療後は1週間ほど軟膏を塗って+保護テープを張る必要があります。

皮膚の表面が盛り上がっているタイプのイボに適している治療方法です。

レーザー治療のメリット

レーザー治療は、出血が殆どなくきれいに治ります
通常は1回の治療となりますが、イボの大きさによっては数回に分けて行う場合もあります。

レーザー治療は麻酔をするので、痛みもほとんどありません。
また、色素沈着も起こりにくい治療法です。

レーザー治療のデメリット

レーザー治療の場合は自費診療になるため、費用が数万~数十万円ほどの高額になってしまいます。

色素沈着は残りにくいですが、医師の技術に大きく作用されるため、場合によっては傷が残ることがあります。

レーザー治療の注意点

治療の1ヶ月くらい前から肌を焼かないようにする必要があります。
治療当日は、長時間の入浴やアルコール摂取はしないでください。

治療後に患部が赤くなったり、熱を持ったようになる場合がありますが、2~3日程度で落ち着いてきます。

はさみ・メスで切除

小さく隆起したイボは、ハサミで簡単に切れそうですが、自分でイボを処置するのは、跡が残ったりイボが大きくなってしまったりする原因となりますので止めましょう。

小さなイボであっても、出血してしまうことがあります。

出血箇所からバイキンが入ってしまうと、余計にイボが悪化するかもしれません。

皮膚科に行くと、医療用のはさみで簡単に老人性イボをカットしてもらうことができます。

しかし、大きさによってはカットしてもきれいに取り切れない場合があります。

傷みはほとんどありませんが、場合によっては麻酔をします。
施術後は、1週間程度で傷が治ります。

自宅で老人性イボをケアする方法

自宅での老人性イボの取り方には、市販薬の飲み薬を飲む方法と、ケアクリームを塗る方法の2つがあります。

イボコロリなどの飲み薬

「イボコロリ内服錠」は、顔や首、お腹などの柔らかい皮膚にできたイボを除去するのに効果のあるイボ治療薬で、第3類医薬品です。
塗り薬タイプのイボコロリもありますが、こちらは老人性イボに使ってはいけないものです。
成分と作用が違いますので、注意しましょう。

イボコロリ内服錠など、老人性イボに効果のある飲み薬の主成分はヨクイニンエキスというハトムギから摂れるエキスのことです。
保湿力が高く肌荒れや肌の乾燥を防ぎながら、新陳代謝を活発にしてくれお肌のターンオーバーを促進してくれます。

このヨクイニンの成分が、肌へのダメージ蓄積で古い角質が溜まってしまうのを防ぎ、また、溜まってしまった角質を押し出してくれるため、老人性イボに対しても効果が期待できるのです。

≫≫イボコロリを使ったイボの治療について詳しく知りたい方はコチラ!

イボのケア化粧品

イボのスキンケアには、脂溶性と水溶性のヨクイニンの他、さまざまな美肌成分を含んだクリアポロンや、ヨクイニンと並ぶイボ改善効果があると言われている杏仁オイルなどがあります。

クリアポロン


>>詳細を確認する<<

  • 初回78%OFFの1,800円だからコスパ良くケアできる!
  • ハトムギ&あんずエキスのW効果でイボケア
  • 美肌成分、保湿成分もたっぷり配合で普段のスキンケアにも
  • 利用者満足度93.1%!口コミでも人気の商品♪
市販は要注意!顔周りのイボもクリアポロンは解消

市販のイボケア商品は刺激が強い為、顔や首への使用が禁止されています。

しかし、顔は一番気にする部分なので、しっかりケアしたいですよね。
クリアポロンは顔にも使用でき敏感肌の人にも安心して使える無添加処方です。

角質に作用する2つの有効成分でイボを改善

老人性イボの原因はメラニンが角質と一緒に固まること。

角質に作用するあんずエキスとWヨクイニンの効果で肌の代謝を高め、イボを改善します。

初回1,800円だから手軽に試せる!

クリアポロンは初回73%オフの1,800円で試すことができます!
1,800円で試せるのはどの商品よりもお得です♪

さらに今ならイボの角質を柔らかくするピール石鹸付きです。
コスパ良く効果的なイボケアをしたいなら絶対にクリアポロンがおすすめです!

クリアポロンの詳細を確認する

杏仁オイル

杏仁オイルは、あんずの種の中心部分から抽出したオイルのことで、5種類の高級脂肪酸が豊富に含まれており、特に加齢とともに減少してしまうバルミトレイン酸が注目されています。
また、皮膚の乾燥や老化・角質硬化を防ぐリノール酸や、紫外線から肌を守るパルミチン酸、高い抗酸化作用のあるビタミンEなど、肌の新陳代謝を正常に近づけてくれる美容成分がたっぷり入っているのです。
これらの成分が、老人性イボに効果を期待できるのです。

老人性イボは放置しても大丈夫?

老人性イボは、放置しても問題はありません。

ただし、老人性イボではなく皮膚がんの場合には注意が必要になります。

皮膚ガンの可能性も

老人性イボと間違えやすいですが、急速に大きくなったり色が濃い場合は皮膚ガンの恐れがあるので注意が必要です。
老人性イボと似ている皮膚ガンには以下のようなものがあります。

  • 基底細胞癌(きていさいぼうがん)
  • 有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)
  • 悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)
  • 日光角化症(にっこうかくかしょう)

表面が少しザラザラして赤みがあるイボや、かさぶたで覆われたイボがある場合は要注意です。

多発している場合は、内臓ガンなど他の病気が原因となっていることもありますので、気になる場合は皮膚科医に相談しましょう。

レーザー・トレラ徴候

特に、痒みを伴って急に増えたり、半年くらいの間に身体中に1000個近くイボができたという状態を、レーザー・トレラ徴候といいます。

レーザー・トレラ徴候がみられると、内臓のガン(胃、大腸、肺、乳がん)が発症している可能性が高いので、疑わしい方は病院を受診することをおすすめします。

老人性イボを予防する方法

老人性イボは肌へのダメージ蓄積が主な原因ですから、肌にダメージを与えないことが重要になってきます。
主に紫外線対策や肌の保湿、さらに身体の内側からケアする栄養素や生活習慣の見直しなどの対処法が効果的です。

紫外線対策

紫外線対策として手っ取り早いのが、外出時に帽子やサングラスをしたり、できるだけ首元を出さない服装をすることです。

しかし夏だけでなく冬も紫外線は降り注いでいるので、季節に関係なく日焼け止めを塗っておくと安心です。

肌の保湿

季節性の乾燥肌や敏感肌の人は注意が必要です。
また、肌に強い摩擦を与えることでイボができやすくなるため、洗顔後や入浴後の肌をタオルでゴシゴシ擦るのもNGです。

肌の保湿には化粧水をたっぷり使うことはもちろんですが、乾燥しやすい目元や口元など、気になる部分には入念にケアしてください。
また、保湿には肌をバリアしてくれるセラミドという成分が非常に重要となりますので、セラミド配合の化粧品を選ぶと良いでしょう。

生活習慣の見直し

不規則な生活をしない、毎日30分程度の運動をする、などの生活習慣見直しも効果的です。

特に、食生活が乱れがちな人は、是非お肌に良いビタミンを意識して摂取するようにしましょう。
お肌に良いビタミンの代表はビタミンAです。
鶏レバーやうなぎなどに多く含まれています。
その他、ビタミンB群・C、Eなども皮膚の再生を助け、抗酸化作用によって皮膚の老化を防いでくれるのです。

老人性イボかな?と思ったら早めに対処しよう

普段からしっかりとUVケアや保湿ケアを行うことで、ある程度老人性イボの発症を抑えられ、また再発を防ぐサポートもしてくれます。

外側からのケアの他に、ビタミンCやコラーゲンのサプリを積極的に摂取するのも良い方法です。

年を重ねるに従って肌はダメージを受けやすなっていますので、肌を優しくいたわるようにケアしましょう。

皮膚科に行かずに自宅でケア!イボケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常6,800円が今だけ1,800円!
>>詳細はコチラ<<
通常7,200円が今だけ980円!
>>詳細はコチラ<<
通常9,800円が今だけ2,780円!
>>詳細はコチラ<<
>>どうしてクリアポロンが1位?他商品との比較など詳細はコチラ!