イボ治療の1つ液体窒素での「凍結療法」

イボはウイルスに感染する事で起こる、皮膚病の1つです。
ウイルス性の皮膚病ですので、そのまま放置してしまうと、どんどんウイルスが広がるばかりか、周囲の人にウイルスをうつしてしまう恐れもあります。
ですので、たかがイボと思わず対策を取る事が大切です。
イボは皮膚科での治療で完治させる事が出来ます。
色々な施術法がありますが、多くの皮膚科で行われているのが液体窒素を使った「凍結療法」です。
液体窒素は-196度と低温という特徴があります。
この冷たい液体を綿棒につけ、イボに押し付けて凍らせるのです。
すると、ウイルスが感染している部位の皮膚が壊死します。
この施術を繰り返し行う事で、皮膚の奥にまで感染が広がっているウイルスを死滅させ、イボを治していくのです。
凍結療法は健康保険が適用されるので、費用はさほどかかりません。
ただ、患部を凍らせるという施術法ですので、どうしても強い痛みが出てしまいます。
施術中はもちろん、施術後も数日間は痛みを感じるでしょう。
小さなお子さんでも受けられる治療法ですが、痛みがあるのでストレスになってしまうかもしれません。
また、徐々にウイルスを死滅させていくので、1回の治療で治るケースは少ないようです。
特に角質が厚い足の裏は、10回以上の施術が必要となります。

カテゴリー: 液体窒素のイボ治療 パーマリンク