病院での液体窒素療法によるイボ治療

病院で受けられるイボの治療法として最もポピュラーなのが、液体窒素による凍結療法です。これは患部に-196℃の液体窒素をあて、患部の細胞を凍結・壊死させるというものです。低温火傷によって異常のある細胞を破壊することで患部の下にある細胞が活発に新陳代謝を繰り返すようになり、新しい皮膚が再生されて、イボを除去することができます。
液体窒素による凍結療法の一番のメリットは健康保険が適用されるということです。他の治療法としてはレーザー治療などもありますが、ほとんどの場合、全額自己負担となってしまいます。
治療費を安く済ませられる液体窒素療法ですが、デメリットもあります。最大のデメリットは強い痛みを伴うことです。低温火傷で壊死させるので、内出血や水ぶくれができる場合もあります。また、色素沈着を起こすことが多いので、顔や首などの目立つ部分の治療法にはあまり適していません。さらに、一度ですべてを取り除くのは難しいので、完治させるには何度も通院する必要があります。1回の治療自体は短時間で済むのですが、完治までには1年ほどかかる場合もあるようです。また、一度治ったかのように見えても、イボが皮膚の奥深くまで入りこんでいる場合は再発することもあります。
このように、液体窒素による凍結療法は手軽にできる反面、様々なデメリットもあります。医師と相談して自分のイボの症状に合った治療法を見つけるようにしましょう。

カテゴリー: 液体窒素のイボ治療 パーマリンク